性感マッサージ

風俗の業種の一つ性感の情報や説明。

性感マッサージとは?


性的興奮を惹起する快感。性器を触る事が最も直接的な性感に繋がるが、肛門、太もも、乳房、耳などを撫でたり舐めたりする事でも性感を引き起こす事が出来る。特に、女性は全身に性感帯が分布しているといわれ、性感を得ると陰部が濡れるなどの性反応を見せる事が多い。男性は性感が高まり頂点に達すると射精し、性欲が急激に減退する。
前立腺を刺激し快感を与える風俗に、性感マッサージ、エステ、SM、M性感、S性感がある。



性感帯の部位は男女によっても異なるが、最も敏感な性感帯は一般に性器とその周辺である。女性では、陰核亀頭、小陰唇、膣口周辺、大陰唇などで、膣壁や子宮口などは圧迫刺激は快感として感じるが、摩擦刺激には無感覚と言われる(膣が鋭敏な感覚を持っているならば、出産の苦痛が甚大なものとなるであろう)。男性では陰茎亀頭や陰嚢などであるが、亀頭と陰嚢では性感の質が全く異なる。また男女ともに肛門、会陰なども性感帯として挙げることができる。



興奮期(快感が目覚めはじめる)/高原期(快感が一定の強度で続くか一時的に快感を感じにくくなる/絶頂期(最高の快感を得る瞬間)/後退期(快感を感じられなくなり、性反応が消失する) 絶頂期に当たるオーガズムでは、強烈な性的快感(気持ちよさ)を感じる。この快感の強弱は個人のその日その時の体調(脳の感受性)に左右されるため、筋肉の不随意収縮(俗にピクピクと表現されるPC筋などの括約筋のリズミカルな収縮)などのオーガズム反応があっても、快感をわずかしか感じない時がある。男性においては射精を伴うので快感が薄くともオーガズムに達したことが分かるが、女性の場合は万人が射出を伴うわけではないため快感が薄いとオーガズムであるか判別しにくいことがある。また、強い快感を得られても精神的に満足しないこともあれば、弱い快感で満足することもある。 この性的快感は、高原期からオーガズム期に移行するわずかな時間、オーガズムの直前にもっとも強烈な快感を得る。このときに性的刺激をやめると、快感を消失しつつ括約筋の不随意収縮がみられることがあり(快感を伴わないオーガズム)、不随意収縮が収まると精神的満足感を得ることがある。この不随意収縮が収まった後、性的刺激を再開すると再びオーガズムへ移行することができる。 オーガズム快感は、大人のみならず、小児であっても感じることができる。小児が性器いじり(マスターベーション)によってオーガズムを得るとそのまま頻繁に同じ行為を繰り返すようになる。なお、性的に成熟していない男児では精液が産出されないため、女児と同じく括約筋の収縮と性的絶頂感のみが現れる。 オーガズムを得るまでの時間は、男女間に明確な差があるわけではなく、性的に興奮したり性的刺激が的確であれば1分以内にオーガズムを得ることもあるし、数十分かけてオーガズムを得ることもできる。またオーガズムを得た後は強い眠気を催すことがあり、性交中にどちらかがオーガズムに達すると意識が減退し、パートナーに適切な刺激をあたえることが難しくなることがある。





北海道・東北
宮城
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
群馬
栃木
信越・北陸
新潟
長野
富山
石川
東海
静岡
愛知
関西
大阪
兵庫
京都
奈良
滋賀
中国
岡山
広島
九州・沖縄
福岡
▼ 風俗の業種
デリヘル
ヘルス
ホテヘル
ピンサロ
性感
セクキャバ
ソープランド